罰金が払えない場合どうなってしまう?分割の支払いは可能?

MENU

罰金が払えない場合どうなる?分割払いできるの?

 

アコム


 

※即日融資は平日14時までに振込手続完了が必須

プロミス


 

※平日14時までに契約完了が必要

※お申込みの時間帯によって当日中のご融資ができない場合があります

 

 

【ここからの目次】

 

「違反をして罰金を支払わなければいけない」...罰金を払うことになるのは唐突にやってきます。

 

理由は人それぞれですが、予想もしていなかった罰金はかなりの痛手と言えます。

 

ですが金欠によって罰金が払えない場合はどのような対応をすれば良いのでしょうか?

 

一般的な考えから述べれば、一括支払いが難しい場合は分割払いをお願いしますが対応してくれるのでしょうか?

 

そこで今回は罰金が払えない場合どうなるのか?また分割払いは可能なのかについて解説していきたいと思います。

 

 

「交通違反」や「スピード違反」の罰金ってどのくらい?

 

罰金を払う理由で多いのがやはり交通違反ではないでしょうか?

 

交通違反にはスピード違反のほか、一旦停止違反、駐車禁止違反、運転中の携帯電話の使用、シートベルト飲酒運転などがあります。

 

これらは全て道交法によって定められていて、罰金や点数もそれぞれ法令に寄って定められています。

 

 

スピード違反は一般道路と高速道路とでは異なります。

 

一般道路のスピード違反の場合は、15km未満で点数は1反則金は9,000円、15km以上〜20km未満の点数は1で反則金は12,000円、20km以上〜25km未満の点数は2で反則金は15,000円、25km以上〜30km未満は点数3反則金は18,000円となります。

 

そして30km以上〜50km未満は点数6、50km以上は点数12となり、簡易裁判で決定となります。

 

金額はおよそ6万円〜8万円で60km超過の場合は10万円以上になることもあります。

 

 

次に高速道路でのスピード違反です。

 

15km未満で点数は1反則金は9,000円、15km以上〜20km未満で点数は1反則金は12,000円、20km以上〜25km未満で点数は2反則金は15,000円、25km以上〜30km未満で点数は3反則金は18,000円。

 

30km以上〜35km未満で点数は3反則金は25,000円、35km以上〜40km未満で点数は3反則金は35,000円となります。

 

そして40km以上〜50km未満で点数は6、50km以上は点数12でどちらも簡易裁判で決定されます。

 

 

 

ちなみに免許停止の場合、その効力が開始になるのは運転免許停止処分者講習(免停講習)、または出頭して免許証を預けた日からとなります。

 

詳細が記載された書類は後日送られてきます。

 

ですから捕まった際に即免停となるわけではなく、捕まった後でも運転して帰ることは可能ということになります。

 

 

次に駐車違反についてみてみましょう。駐車違反には放置駐車と駐停車違反の2種類あります。

 

5分を越えて車から離れて、すぐに車を動かせない状態であれば、放置駐車違反となります。

 

上記に満たない時間で駐車禁止の場所や停車禁止の場所に車を止めた場合は駐停車違反となります。

 

また普通車と大型車で金額は異なります。

 

 

駐停車禁止の場所での放置駐車違反は点数3で普通車の反則金が18,000円で大型車は25,000円となります。

 

駐車禁止の場所での放置駐車違反は点数2で普通車の反則金が15,000円大型車は21,000円です。

 

駐車禁止場所での駐停車違反は点数2で普通車の反則金が12,000円大型車が15,000円。

 

駐車禁止の場所での駐停車違反で点数は1で普通車の反則金は10,000円大型車は12,000円となります。

 

 

「飲酒運転」の罰金はいくらぐらいになる?

 

飲酒運転ではいくらぐらいになるのでしょうか?

 

先ず飲酒運転には3種類あり、酒酔い運転・酒気帯び運転・警告です。

 

酒酔い運転は運転がこんなだと思われるまで酒に酔った状態です。

 

酒気帯び運転は呼気中アルコール濃度0.15 mg以上、または、0.25 mg以上の二段階となります。

 

上記2つに至らない場合は警告となります。

 

 

酒酔い運転の場合100万円以下の罰金又は5年以下の懲役、違反点数は35点となります。

 

酒酔い運転はアルコールの量で決まるものではなく、正常な運転ができな恐れがあるときです。

 

そして酒酔い運転の場合は初回で免許取り消しとなります。

 

 

次に酒気帯び運転です。

 

血中アルコール濃度が0.15〜0.25mgの場合は違反点数13点、0.25mg以上の場合は25点となり、どちらも50万円以下の罰金又は3年以下の懲役です。

 

 

万が一事故を起こした場合は逮捕となり即刑務所行きです。

 

それによって人を死傷させた馬合は最長20年の懲役を課せられます。

 

 

違反金の罰金は分割払いできるの?

 

罰金が払えない場合に具体的に考えられる手段が分割払いではないでしょうか?

 

程度によっては一括で支払えないほど高額なものとなりますので、罰金が払えない場合に分割払いが出来るとありがたいですよね。

 

 

しかし罰金という位置づけから考えて罰金が払えない場合でも、分割で支払いは可能なのでしょうか?

 

罰金が払えない場合でも分割払での対応は基本的に応じてくれません

 

 

もし一括で支払いができない場合、罰金が払えない場合は「労役」になる可能性大です。

 

ただし罰金が払えない場合に分割払いが100%無理というわけではないようです。

 

 

あくまでも金額を決めるのは裁判所ですが、徴収は検察庁で行います。

 

ですから罰金が払えない場合の事情をきちんと説明し理解してもらうと分割払いでもOKとなるようです。

 

 

罰金を払わないでそのままにしてるとどうなる?

 

罰金が払えない場合、「財産に対して強制執行」されたり「労役場に留置」されることとなります。

 

金欠によって財産がなくて罰金が払えない場合は労役場で一定期間留置されます。

 

 

当然その間は学校にも行けませんし仕事に行くことも出来ません。

 

要は「罰金が払えない場合は、労働してください」ということです。

 

 

労役と聞くとどこか怖いイメージを持たれる方もいるかもしれません。

 

足に鎖やおもりを付けられ看守が監視する中、過酷な重労働を強いられる、そんなふうに考えている方も少なく無いでしょう。

 

 

ですが、罰金が払えない場合の実際の労役はそんな過酷なものではありません。

 

労役場は拘置所か刑務所の中にあります。

 

 

罰金が払えない場合の労役の内容は軽作業が殆どで、例えば封筒はリヤ紙袋の手提げ紐をつけるといったものです。

 

罰金が払えない額が清算されるまで作業を行わなければいけません。

 

 

ただし24時間ぶっ通しではなく、1日8時間労働で土日祝日は休みとなります。

 

しかし労役が空けるまでは一切外に出ることは出来ません。

 

 

罰金が払えない場合、労役をしてしまうと、身内に迷惑をかけたり仕事をクビになる可能性大ですので十分に気をつけましょう。

 

 

罰金が払えない場合に親・友人に借りて払う!

 

罰金は本当に大きな痛手と言えますが、罰金が払えない場合にそれを支払いしなかったほうがデメリットは非常に大きいです。

 

罰金が払えない場合に、労役となれば何日間も拘置所や刑務所の中で拘束されますので家族に迷惑をかけるだけでなく職を失う恐れもあります。

 

 

支払わないデメリットはかなり大きいですから、罰金が払えない場合は恥を忍んででも親や友人に相談してみることをオススメします。

 

遊び目的でお金を貸して欲しいとなればまず貸してはくれないでしょう。

 

 

しかし罰金が払えない場合ともなれば、その一言で有無を言わさず貸してくれるのではないでしょうか?

 

罰金が払えないという理由でお金を借りるのは恥ずかしいから、違う理由でお金を借りようとは決して思わないでください。

 

 

親や友人はあなたを信じてお金を貸すわけですから、その信頼を裏切らないためにも罰金が払えない場合にも嘘を付くこと無くお金を借りるようにしてください。

 

そしてお金を借りる場合はきちんと借用書を作りましょう。

 

 

身内間でのお金の貸し借りはトラブルになりやすいですから、罰金が払えない場合であっても、きちんと書面に証拠として残しておく必要があります。

 

日付、借り入れ金額、利息、返済日など金融機関で借りる場合と同様にこれらのことをきちんと記載しておきましょう。

 

 

利息や返済日はは当事者同士で話し合って決めるのが一番かと思います。

 

借用書の書き方についてはココを参考に

 

 

罰金が払えない場合の【秘策】

 

アコム


 

※即日融資は平日14時までに振込手続完了が必須

プロミス


 

※平日14時までに契約完了が必要

※お申込みの時間帯によって当日中のご融資ができない場合があります

 

いくら身内であっても金額によっては貸せない場合もありますし、どうしても罰金が払えない場合にも相談するのは無理という方もいらっしゃるでしょう。

 

そんな「金欠で罰金が払えない」「誰にも頼ることが出来ない」という場合は、秘策としてカードローンを検討すると良いでしょう。

 

 

通常ローンを組むとなると何か目的がないと借入はできません。

 

例えばマイカーローンや住宅ローンが挙げられます。

 

 

ですがカードローンなら特別目的なしでお金を借りる事が可能です。

 

使いみちは自由ですから罰金が払えないという場合にも利用することが出来ます。

 

 

借りれる金額も最低でも10万円〜ですから、罰金が払えない場合にも十分に補えるのではないでしょうか?

 

通常のローンですと、現金での融資は受けられませんがカードローンなら現金として受け取ることが可能ですから、罰金が払えない場合の支払いが可能となります。

 

 

 

罰金が払えない場合、罰金の支払期限は短いですから「出来るだけ早く借り入れできる対応の早いカードローン」を選ぶようにしましょう。

 

銀行カードローンは低金利が魅力ですが、申し込みから融資実行までに時間がかかるケースが多いです。

 

 

ヘタすれば罰金が払えない場合の期限までに間に合わない可能性も出てきます。

 

また、審査基準が非常に厳しいですから、審査結果を待たされるだけ待たされて結局審査落ちなんてことも十分に考えられます。

 

 

アコム


 

※即日融資は平日14時までに振込手続完了が必須

プロミス


 

※平日14時までに契約完了が必要

※お申込みの時間帯によって当日中のご融資ができない場合があります

 

罰金が払えない場合にオススメは大手消費者金融です。

 

大手の業者なら基本的に即日融資対応ですから、申し込んだその日にお金を借りることも可能です。

 

 

審査基準もそこまで厳しいものではなく、パートやアルバイトの方でも問題なく借り入れできる可能性が高いといえます。

 

申し込みする前に確認しておきたいのが収入は安定しているかどうか、過去にローンやクレジットの支払を延滞していないかどうかです。

 

 

審査では返済能力と信用力を特に重視しますので、これらの項目をクリアしていないと審査を通過することは出来ません。

 

ただ、審査時に「返済遅延が過去に実はあるけど、嘘をついてしまおう」と言ってウソの申告をしても必ずバレます。

 

参照ページ⇒過去に返済遅延があると審査でバレるの?

 

 

カードローンの審査の際に嘘がバレれば審査落ちは確実ですので、うそはつかないようにしましょう。

 


アコム


 

※即日融資は平日14時までに振込手続完了が必須

プロミス


 

※平日14時までに契約完了が必要

※お申込みの時間帯によって当日中のご融資ができない場合があります