借用書って書き方はあるの?注意点はどんなところ?

MENU

借用書って書き方はあるの?注意点は?

 

お金の貸し借りで揉めたことがあるという人は多いです。

 

貸し借りにかかわらずお金に関することはトラブルになりやすいもの。

 

お互い安心してお金の貸し借りが出来るようにするためには「借用書」は必須と言えます。

 

どうしても顔見知りでのお金の貸し借りとなると口約束だけで済ませてしまう方が多いですが、これこそがトラブルのもと。

 

後でお金を貸した借りてないなどと言い争いになり揉めるのです。

 

そうならないためにもきちんと書面に証拠として残しておくようにしたいものです。

 

ですがいざ借用書を書こうと思っても書き方がわからないという人が多いのではないでしょうか?

 

借用書を書くことなんて人生の内で1度あるかないかというぐらい珍しいことですから書き方を知ってる人のほうが少ないはずです。

 

そこで今回は借用書の書き方と注意点について紹介します。

 

 

借用書とは?

 

そもそも借用書とは何なのでしょうか?
借用書とはお金の貸し借りがあったことを証明する書面です。

 

借主と貸主が、いつ、いくら借りたのか(貸したのか)、返済日は何時なのか等を記しておきます。
意外と勘違いされている方が多いのですが、借用書だけではお金を返してもらうことは出来ません。

 

と言うのも借用書それ自体に法的な強制力はないからです。
但し、貸した後のトラブルを防ぐ、裁判時の証拠になる、返済がスムーズになると言った効力があります。

 

ですから借用書は必ず作るようにしましょう。

 

 

借用書には「借用書」と「金銭消費貸借契約書」の2種類があります。
基本的にどちらも同じですが借用書は借り主のみが署名して、貸し主が保管となります。

 

しかし金銭消費貸借契約書は双方とも署名しそれぞれ1通ずつ保管するという違いがあります。
どちらも効果は同じですがトラブルを防ぐことを考えれば金銭消費貸借契約書を作るほうが良いでしょう。

 

 

借用書の書き方と注意点

 

今回は金銭消費貸借契約書の書き方について紹介していきます。

 

金銭消費貸借契約書に決められた型はありませんので自分たちの事情に合わせた無いようにして問題ありません。

 

但し最低限必要な項目がありますので、今から紹介する項目は必ず借用書に書きましょう。

 

 

まず契約書の作成日付です。
いつ作られた契約書なのか分かるように、年・月・日をきちんと記載しましょう。
西暦と和暦どちらでも構いませんが、必ず共通の表記を使うようにしてください。

 

 

2つ目に借り主・貸し主の氏名、住所、押印です。
個人を特定する意味でも非常に重要ですので絶対に書き漏らす事のないようにしてください。

 

連帯保証人がいる場合は連帯保証人の氏名、住所、押印も忘れずに。
印鑑は三文判でも良いですが実印のほうが信頼度は高いですから出来れば実印を使用しましょう。

 

 

3つ目に金額です。
これは算用数字、漢数字どちらでも構いません。

 

金額の改ざんを防ぐことを考えると漢数字を太字で使用するのが望ましいです。
後から桁を増やされないためにも金額の前に「金」、金額の後に「円」を、そして空白を空けないで記載しましょう。

 

金額が10000円を超える場合は収入印紙を貼り付けなければいけませんので忘れずに。

 

 

4つ目にお金を貸した日付です。
お金の受け渡しによって金銭消費貸借契約は成立しますので、この日付は非常に重要な意味があります。

 

記録が残る方法で受け渡すほうが良いですから銀行振込が望ましいです。

 

 

5つ目に返済方法と返済期日です。
返済方法は手渡し、振り込みのどちらかが基本となります。

 

返済時の手数料は基本的に借り主が負担します。
返済期日を決めなくても金銭消費貸借契約は有効ですが、トラブルにならないためにもきちんと決めておいたほうが無難です。