過去に返済遅延があると審査でバレてしまうの?

MENU

過去に返済遅延があると審査でバレるの?

 

カードローンやキャッシング、クレジットカードの支払いを過去に遅延したことがあるという人は意外と多いのではないでしょうか?

 

返済遅延があると新たにローンに申し込んだ際、審査でバレるという話はよく聞きますが本当なのでしょうか?

 

今回は返済遅延と審査について紹介していきたいと思います。

 

 

そもそも返済遅延とは?

 

そもそも返済の遅延とはどういった状態のことを言うのでしょうか?

 

カードローンやキャッシングは毎月決められた日までの支払い又は35日以内に返済をしなければいけません。
支払日を自分で設定するわけですが、最近あ毎月決められた日に返済する人が殆どでしょう。

 

と言うのも、35日周期での返済だと常に返済日について意識しなければいけないので管理がややこしくなるからです。
毎月決められた日に振り込み設定や振替設定をしておけば忘れることはありませんから、今現在の主流とも言えるでしょう。

 

これを滞り無く行なうのが普通ですが、決められた日に返済せず期日を過ぎてしまうと遅延や滞納扱いとなります。

 

 

返済遅延は審査でバレるの?

 

カードローンやキャッシングの審査では過去の借り入れ履歴についても慎重にチェックされます。
これには勿論、返済履歴も含まれ返済遅延も同様です。

 

つまり返済遅延があると審査でバレるということになりますが、何故バレてしまうのでしょうか?

 

個人のローンやクレジットの利用履歴は信用情報と呼ばれ、信用情報機関という専門の機関で管理されています。
個人がローンやクレジットカードを契約したり利用する度に、カード会社がその情報が逐一信用情報機関に報告しているのです。

 

信用情報機関で管理されている信用情報は、その期間に加盟することで審査時に照会することが出来ます。

 

 

信用情報に記録されると審査でマイナス要因となるのが事故情報です。
これが信用情報に記録されていると新たにローンを組んだりクレジットカードを作るのは難しくなります。

 

事故情報として登録される対象は返済遅延、任意整理・自己破産などの法的な債務整理、強制解約などです。
信用情報に事故情報が登録されている状態を俗にブラックと呼ばれています。

 

 

返済の遅延や滞納は何回しても問題ないのか、それとも1回でもしたら直ぐに事故情報として登録されてしまうのでしょうか?
遅延は1日でもしてしまうと金融事故として信用情報機関に登録されます。

 

只、基準は各金融機関によって微妙に違って、1回でも遅延すれば金融事故として登録するところもあれば3回までなら見逃すという金融機関もあるようです。

 

ですが3回以上遅延すると話は別で流石に見逃してはくれず金融事故として登録されます。
ですからよほどの理由がない限り返済の遅延はしないことです。

 

 

返済日から2ヶ月以上経過しているのに支払いしない場合は間違いなく事故情報が登録となります。
ここまでくると間違いなく新たにローンを組むことは出来なくなります。

 

利用中のカードも利用枠を縮小されるか利用停止になります。
ただ利用停止になっても返済義務を免れるわけではありませんので返済は続けなければいけません。

 

またあまりにも返済を無視し続けるろ期限の利益の損失が起こり一括返済を迫られることもありますので十分に気をつけなければいけません。
返済遅延をすると様々なリスクがありますので遅れても数日程度に抑え長期滞納だけは絶対に避けるようにしましょう。

 

 

電話連絡すれば返済遅延は免れる?

 

返済が遅れそうな場合は前もって業者への連絡は必須です。
連絡したからといって遅延を見逃してくれるわけではありませんが、誠実さとモラルを考えれば業者が受け取る印象はまるで違います。

 

お金のやり取りは連絡が取れなくなることや長期的に延滞されることは非常に怖いことです。
ですから返済が間に合わないと分かれば早めに業者に連絡するようにしましょう。

 


アコム


 

※即日融資は平日14時までに振込手続完了が必須

アイフル